―― THE TT

今までエアロ効果の高いRB1000でTTレースを走っていたが、待望のTT専用マシンがチポッリーニのラインナップに加わった。 剛性の強化されたBONDで培ったATOMLINKシステムと、超高弾性のT1000カーボンを使用して強大な推進力を得られるフレームが誕生。
エアロ効果の高い形状に加え、フロントフォーク、リアチェーンステーを内蔵ブレーキとして、究極の空力特性を持ったバイクとなった。

White
フレーム価格 : ¥990,000(税別)

White

Anthracite

Orange Fluo

Yellow Fluo

NKTTフレーム 仕様
構造前三角モノコック + ATOM LINK SYSTEM(特許取得)
フレーム素材カーボン T800 + T1000
フォーク素材カーボン T800 + T1000
フレーム重量1350g (サイズ M 未塗装状態)
BB BB386(86.5x46mm)
サイズ構成XS - S - M - L - XL
税別価格990,000円(フレームセット)
NKTTフレーム ジオメトリ
A A1 B
(theor.)

(frame.)
C
D E F G Reach Stack
S 480 470 507 73°/78° 75.5° 71° 60
45 579 405 68 378 498
M 520 510 532 73°/78° 75° 72.5° 67.5
45 585 405 68 395.5 509
L 540 530 552 73°/78° 75° 73.5° 82
45 597 405 68 410.5 526.5
XL 560 550 572 73°/78° 75° 73.5° 100
45 617.5 405 68 427 544.5

NKTTフレームはUCI規格に準拠しています。

特許取得、ATOM LINKシステム

チポッリーニが独自に開発した工法(特許取得)。通常カーボンフレームの製造において接着をする際、BB部分の構造体にチェーンステーを差し込むという構造がとられることが多い。NKTTはそれとは異なり、BBのスリーブ(筒)がチェーンステーに挿入される構造になっている。この構造とモノコック構造の前三角部を組み合わせることで剛性を高くしつつ、重量を削るといった相反する要求をバランスよく実現している。

BB386 EVO採用

ツール・ド・フランスなどの世界的レースでのパーツ採用実績多数のレーシングブランド、FSA。そのFSAが提唱する新しいBB規格、「BB386 EVO」をいち早く採用。高剛性・軽量性を両立させたこの規格は、ヨーロピアンブランドを中心に今もっとも注目を集めている規格の一つである。

ヘッド回り、エアロフォーク

究極の空力性のを追求したNUKEはヘッド周りを包み込むような特殊形状のフォークを採用。

シートピラー

エアロ形状のカーボンピラーを採用。空力特性の向上と軽量性に寄与。また、前傾姿勢の調整が出来るような調整幅のあるレースシステムを採用。

インテグレーテッドブレーキ

究極の空力性のため、前後ブレーキの内蔵方式を採用。

インテグレーテッドステム

専用ステムにより、部品の入れ替えにより、4ポジションの選択が可能

カーボンドロップエンド

軽量化実現の為、カーボン製ドロップエンドを採用。