―― THE GRANFOND

LOGOSという名はチポッリーニの考えるグランフォンドの理論(ロジック)を詰め込んだロングライドモデルと言う意味をあらわす。 チポッリーニ全モデルに共通するライダーのペダリングを逃さず推力に変えるコンセプトはそのままに、長距離のライディングに合わせたマイルドな味付けを体感できる

Anthracite Metallic
フレーム価格 : ¥430,000(税別)

Anthracite Metallic

Blue

Red

Yellow Fluo

White

Italian Champion

Lógosフレーム 仕様
構造 モノコック
フレーム素材 カーボン T700 E UTS
フォーク素材 カーボン T700 E UTS
フレーム重量 1200g (サイズ M 未塗装状態)
BB BB386(86.5x46mm)
サイズ構成 XS - S - M - L - XL
税別価格 430,000円(フレームセット)
Lógosフレーム ジオメトリ
A A1 B C D E F G
XS 475 415 505 75° 71° 113 45 566 405 71
S 500 430 520 74,5° 71,5° 120 45 575 405 71
M 525 450 535 74° 72° 143 45 583 405 71
L 555 480 555 73,5° 72° 170 45 595 405 71
XL 565 502 580 73,5° 73° 185 45 610 407 68

LógosフレームはUCI規格に準拠しています。

ワイズロードスタッフ インプレッション

  • RB1000 は、チポッリーニがこだわり抜いて作り上げた純レーシングバイクであるならば、Lógosはその設計を受け継ぎつつ、あらゆるシーン、あらゆるレベルのライダーがロードバイクを楽しめるように設計された「オールラウンドバイク」と言えるでしょう。
    まず、乗車してみてわかる良さは、チポッリーニバイク全体に言えるメリットである「力が逃げずに伝わっている」というところでしょう。
    元々、パワーライディングが苦手なのですが、非力な私でもダイレクトに力が伝わっていくのが良くわかります。
    特に集団走行時に今までだと頑張って前走者についていく感じでしたが、このLógos では、無理してペダリングをしなくても楽についていけるというのが印象的でした。
    Lógosのシルエットで特徴的なのがヘッド回りのボリュームです。このボリュームからくる剛性の恩恵だと思いますが、40km/h を超えた高速域において、スピードを維持する直進性に優れおり、速度の上がる下りでも安定感があります。安心してバイクに身を任せて走行することができました。
    一般的に力が伝わるバイクは固くなり、振動吸収性が低くなる傾向がありますが、このLógosはそのようなことはなく、長距離走行の時にも思った程硬さを感じず、足に変な疲れを感じることなく走行することが可能でした。
    レースに限定して高い性能を発揮するバイクは沢山ありますが、使用シーンを限定されないこのLógosなら、初めての方でも十分におすすめすることができます。