giro2016 giro2015 giro2014 giro2013 giro2016

2016年ジロ・デ・イタリアもCIPOLLINIが活躍します!!

3大グランツールの1つである「Giro d'Italia(ジロ・デ・イタリア)」にCIPOLLINIも参戦!

イタリア生まれのCIPOLLINI。その性能は、地元イタリアで開催される世界的レース、「ジロ・デ・イタリア」での成績が証明しています。
今年はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

ついにやってくれました!ジロ・デ・イタリア 第10ステージにて、

21歳の若手選手、ジューリオ・チッコーネがステージ優勝を飾りました!!

 

 

ジロ・デ・イタリア 第10ステージ、カンピ・ビゼンツィオ~セストラ 219kmでジュリオ・チッコーネは偉大なる夢を叶えました。

チームメイトのステファノ・ピラッツィとニコラ・ボエムのサポートを受けた後のソロ勝利でした。

写真:マリオ=チポッリーニとステージ優勝したジュリオ・チッコーネ選手

 

ジュリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニCSF)は1994年12月20日生まれ。21歳。彼は、イタリア人最年少プロライダーの一人です。

ジュリオ・チッコーネ選手は感動の勝利をインタビューで答えました。

「我々、チームバルディアーニCSFは、家族のように緊密なチームです。自分の走りを支えてくれた全てのチームメイトたちとこの勝利を共有したい。そして、われわれ若い選手をサポートしてくれるルカ・バルディアーニ氏をはじめとする沢山の情熱を送ってくれたスポンサーに勝利を捧げたい。特にチームメイトの二コラ・ボエム選手に特別な感謝をしたい。彼は逃げの中で自分とステファノ・ピラッツィ選手を自分の走りを犠牲にしてサポートしてくれた。」

「このレースのオーダーは、アタックして逃げる事でした。二コラ・ボエム選手と自分とステファノ・ピラッツィ選手の3人が乗ることが出来ましたが、他のチームから警戒されてしまい思うように動けませんでした。そして、ダウンヒルでクネゴを警戒してアタック。最後の数キロは延々に続くように思われました。」

「ジロに出場できるとは思っていなかったのに、勝利できるなんて夢のようです。私は一日一日経験を重ねようとしている。今日は最も重要な事を学びました。これは私にとって、最初のステップです。今日は偉大な勝利ですが、私の考えは変わりません。私はまだ改善しなければならないし、この先にも長い道のりがあります。」

「最後に、私の背中を押してくれた祖母に勝利を捧げます」

http://www.bardianicsf.com/news-ciccone-vince-al-giro-d-italia573b5cc25d9ab-it.php

 

ジロ・デ・イタリアとは

ジロ・デ・イタリア2014

「ツール・ド・フランス」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」にならぶ、世界三大ツール(ロードレース)の一つ、それが「ジロ・デ・イタリア」です。毎年初夏に3週間をかけてイタリア全土を駆け抜けるこのレースの特徴は、何と言ってもその山岳の多いコース構成。2000m級の峠を舞台に、毎年熱い戦いが繰り広げられます。

CIPOLLINIとジロ・デ・イタリア

チポッリーニと、ジロ・デ・イタリアはとても深い関係にあります。何といってもマリオ・チポッリーニその人は、ジロ・デ・イタリア最多勝利記録(42勝)保持者ということでしょう。そして彼が引退して伝説となった今、彼の名を冠した「チポッリーニ」のバイクはジロ・デ・イタリアを走り続けています。 2012年はチーム「ファルネーゼヴィーニ」のジロ・デ・イタリア山岳賞獲得や、2014年には「バルディアーニ・CSF」がステージ3勝、2015年にもスプリントステージで1勝し、その実力を次々と証明しつづけています。 美しいだけでなく世界で最も過酷な現場でプルーフされたその性能。CIPOLLINIの真骨頂ともいえるでしょう。

2016年 ジロ・デ・イタリアでのCIPOLLINI

チポッリーニは、昨年から引き続き、今年も蛍光緑のチームジャージが印象的なチーム「バルディアーニ・CSF」の走りを支え続けます。TTバイクの「NKTT」、最新のエアロロードの「NK1K」を使用して、勝利を目指します。


【外部リンク】:
チーム「バルディアーニ・チエセエフェ」サイト(伊語)

ワイ・インターナショナルはチポッリーニの正規代理店です

ワイ・インターナショナル